--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月11日 (月) | 編集 |
つい先日・・・太郎の左足の骨頭を切除した病院のHPにこんなお願いが。
ワンちゃん・猫ちゃんの“献血のお願い”という記事でした。
そうですよねぇ~ ワンちゃんや猫ちゃんも輸血が必要な事ってありますよね。
恥ずかしながら、ワンの献血なんて考えた事も無かった私。
太郎がお世話になった病院だし、太郎の身体のデータは、きっと残っているはず。
これは、イッチョ協力するか!
でも・・・詳細をみると体重が20㎏以上必要だと。
太郎は、お役に立てませんでした。
JKCの犬種別登録情報見ても~
トイプードル・チワワ・ミニチュアダックス・ポメラニアン・ヨークシャテリア・・・・が上位を占めているこの状況で20㎏以上って!!
なかなか難しいですね~。

大型犬・供給犬に感謝ですm(__)m




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
MIKAさま~
そうなんですよね。
大型犬が小型犬を救ってくれるんです。
献血供給犬に感謝。

太郎は、献血必要なかったんですが・・・・・
もしもの時は、私が代わりたいくらいです。

本当は皆ワンが、何事もなく
このまま元気で暮らしていける様願っています。
2010/01/16(Sat) 20:08 | URL  | 太郎父 #-[ 編集]
以前読んだ本に獣医さんが飼っているシェパードが大切な家族の一員であるのと同時に、献血用のワンであるという記事があって、献血供給犬の存在を知りました。

そうなんですよね。
輸血をするってことは、献血をしてくれるワンがいるってことですもんね。
大型犬が小型犬を救ってくれるんですね。
感謝しなくちゃ!
2010/01/14(Thu) 00:40 | URL  | MIKA #tk5HCC0k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。