--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年06月07日 (日) | 編集 |
病名:レッグペルテス症 (大腿骨頭の虚血性壊死)
残念ながらこの病気になってしまった子&飼い主さんに、少しでも役に立ちたいと思い、この項を書きます。
注:前項目(病気の事Ⅰ&Ⅱ)に、重複している内容が含まれます。
  :これは私共の経験であり、全てのレッグペルテス症を代表するものでは有りません。


症状初期
○左脚を痛がる(歩き方が変・ビッコetc)
○外傷は有りません。

病院 初期
○X線検査をしますが、ごく初期の場合は診断がつきません。
→痛み止めで、様子を見ました。
⇒ビッコも無くなり、改善されたように見えました。

症状中期
○時々脚を上げて歩きます(スキップの様)
○若干の筋肉の委縮が見られます。

病院 中期 Ⅰ
○X線検査 左大腿骨頭の若干の変化(虚脱・・右脚と比べて、ちょっと減った?)が、見えます。
 大抵はここで、レックぺルテス(レッグ・カルベ・ぺルテス)症と診断がつきます。
 一般的に、一歳未満の小型犬に多く、根本原因は不明。
 ノーフォークでは珍しい病気です。
→ゲージに入れ行動制限や、グルサミコサン&コンドロイチンの大量摂取で、
 症状が止まった事例もあります。
⇒もちろん、やってみましたが・・・・・
 改善された様子は無く・・・・・
 
 プラッキングのお世話になっているペットショップ(駒沢のG)さんや、訓練士さんに相談したり
 ネットで治療方法を調べたり・・・・
 もちろん、沖縄~北海道まで全国の動物病院に電話しまくり・・・
 手術以外の治療方法は無いのかとか・・・・
 セカンドオピニオン・・当たり前です・・家族なんですから
 なんでも、して見ましょう!
 
 東洋医学にまで精通した川崎の動物病院のⅠ先生から、
→「犬は、とても我慢強い動物です。レッグぺルテスは、ギザギザの骨頭が当たり
 ものすごく痛い」と伺い・・・・・

 「ものすごく痛い!」で手術を決めました。
→内容は、壊死した骨頭や骨頸の切除。
⇒術後は、リハビリが必要ですが経過の良い子が多いです。

因みに、もし進行してしまうと・・・・・・
→脚は退化し三本脚で歩くことに・・・・痛いし・・
⇒絶対に、ここまで待ってはいけません!

病院 中期 Ⅱ 手術を決めたら
○その手術に適した、良い病院を探しましょう。
→名医が居るとか、症例数が多いとか、口コミとか、なるべく客観的に判断しましょう。
 手術は上手な方が、術後の経過は良いはず。
 後、近い方がいろいろ安心とか。

○普段お世話になっている柿の木坂のR動物病院さんに、設備が整い手術も上手な
 とても良い病院の紹介をお願いしました。
 ☆R病院さんは、太郎の掛かり付けのお医者さんで、ご近所で大評判です。

→今回ご紹介頂いたのは二次医療病院の、川崎にある日本動物高度医療センターでした。
⇒整った設備、ニヒルな先生の腕もさることながら、看護師さんや受付のお姉さん、
 みんなに可愛がってもらったようで・・・・・
 毎日の面会でも、迎えに来た看護師さんに笑顔で尻尾ブンブリ!
 お別れなのに、振り向きもしません。・・・さみしい
 術後の検診でもブンブリ!
 受付の影から、太郎が来てるよ~って、聞こえるし・・・・
 病院の印象は、一見冷たい感じに見えますが、とてもキレイですし待合室設備も◎
 内情は、フレンドリーでお勧めです。

料金は・・・検査・術前日から一週間の入院・退院次週の抜糸・術後検査etcを含む
○町の動物病院さんの50%up位までで収まりました。大学病院くらいです。
→それだけの価値は、十分有りました。安心感・・・大切です。

術後
○リハビリ指導が有りました。
→脇を抱え、後ろ歩き。とても痛がるストレッチ&マッサージなど。
⇒経過も順調です。
 ちょっとスキップ・・・・・退院後一週間位まででした。
 抜糸後は、ストレッチ以外は痛がりもせず、ガンガン歩こうとします。
 (右脚体重ですが・・・数か月も脚を着けない子もいるようですので・・・よしとします)
 プール≪綱吉の湯≫のおかげで、痩せた筋肉も少しずつ戻ってきています。 

*忘れてました、何か症状(気になる事)が有った場合、経過観察のカレンダーを付けていると、
 病院でとても便利ですよ。

☆もう少し、リハビリ頑張るぞ!って感じですね~。 

 何故なら太郎の脚は “魔法の左足”だから。

 “目指せ魔法の左足”・・・ 俊輔じゃないけど。祝:アジア予選通過♪
             →タイムリーな話題なんで一応・・・。

 

 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。